2010年09月03日

スペインワイン試飲(ヴィノスやまざき)

最近通勤に有楽町線で有楽町駅おりて、交通会館とITOSIAを通って銀座駅から日比谷線に乗るという帰宅方法をとることが多いです。
交通会館には各地のアンテナショップや、甘味のおかめ、ITOSIAには、東京カレー名店会(トプカとデリーの組み合わせが好き♪)があり、個人的寄り道スポットとして重宝しているのですが、ヴィノスやまざきというワインショップがカレー名店会の真正面に。試飲もできるバーがあって気にはなっていたが、一人でしたが意を決して入店。
今、スペインワイン特集をやっていて、試飲のリストにもあるので入ってみた。

女性一人客が名と男性が2名ほどだったか。


★バルバス・クリアンサ リベラ・デル・デュエロ★

と、チーズとバケットの軽食を頼む。
久々にテンプラニーリョのいい香り〜すぐに口をつけられなかったです。香りよい〜。
ヴィノスやまざきのちらしによると、20年は熟成可能な1本!とある。まとめ買いして実家の蔵にねかせとくか(笑)

BY THE GRASSで800円。物足りなくてもう1杯、
★フィンカ・ラ・エスタカーダ テンプラニーリョ 6ヶ月樽熟成★

をこれまたBY THE GRASSにて450円。こちらは香りが独特。なんて言えばいいかわからないのですが、食べ物の香りではなかったんだよなぁ・・。お味もバルバスとはまた違った感じで美味♪
結局、バルバスをお買い上げ。


今週末はヴィノスやまざきにて生産者たちが来訪しイベントがある様子です。
残念ながら、フラメンコの練習や、代々木公園で行われるスリランカフェアのほう(久々に友人と会いカレーを食べる)にいくのでいかれないのが残念ですが、今ユーロ高なので、こういうときにちまちま楽しめればと思っています。またティスティングも200円〜300円くらい(もちろんお高いものは相当のお値段ですが)でいくつか試飲できるようになっているのもいいですね。なんかワインの試験を受けるという女性も来ていて色々ソムリエに質問していました。わたしなんかは、まぁおいしく楽しく飲めればいいのでそれほど詳しくなくてもいいやーって感じですが、ちょっと聞き耳たてたりして面白かったです。
posted by verde at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スペインワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161365191

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。